国内の格安航空券を利用しました。

不都合や不愉快な思いはしませんでした

北海道3月までかなり安く行けるなー。成田からの格安航空券で行けば1泊2日で1人2万くらい。勿論ホテル代も込み。あと金沢も行ってみたい。観光より美味しいご飯が食べたいよね。

— へむ (@hempry0117) 2018年11月2日
格安航空券というもので国内線を利用するのは今回が初めてだったのですが、値段が安いからといって大きな不都合や不愉快な思いをすることは一切ありませんでした。
搭乗手続きは分かりやすく飛行機のロゴマークがあるカウンターで済ませましたし、手荷物に関しての注意書きも事前に目にしていたので問題なし。
機内のサービスが簡略化されているというのも噂には聞いていましたが、そもそも基本的に放っておいて欲しいというか、至れり尽くせりの機内サービスというものについて普段からむしろ煩わしさを感じてしまう方だったので、かえって心地よく感じました。
今回改めて思ったことですが、国内線の飛行機ってもっと気軽に利用できてもいいですよね。
国際線とは色々と違っていて、搭乗手続きも気軽ですし、機内の雰囲気もリラックスしていますが、それでもやはり飛行機、という身構えた部分も少なくないと思います。
今回格安航空券を使うことによって、これほどまでに気軽に、身近な交通機関という感覚で飛行機を使用することができたのには、少し驚いてしまいました。

出発の前日に計画を立てて準備をし旅立ちました不都合や不愉快な思いはしませんでしたサービスは最低限、安全面には十分な配慮を